本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥』アンドリュー・ロウラー(インターシフト)

『ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥』アンドリュー・ロウラー(インターシフト)

未読

2016年
368頁




目次(収録作品)

はじめに: ニワトリを見れば、世界が見える
第1章 野生の原種を探して
第2章 神の使いの鳥
第3章 二本足の薬箱
第4章 人類の移住ルートを知る鍵
第5章 闘鶏の熱狂
第6章 女王の趣味から大流行へ
第7章 ニワトリの起源と進化
第8章 小さな王
第9章 癒しの力
第10章 産業ビジネスへの進展
第11章 影の都市
第12章 快適で健康な環境を
第13章 生まれ故郷の森へ

なぜニワトリは人類に欠かせないパートナーとなったのか?
古代から近未来まで、ニワトリとともに
歴史・文化・科学を巡り、地球各地を巡る、驚きの文明論。

出典:インターシフトの本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする