本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『裸体と衣裳』三島由紀夫(新潮文庫)

『裸体と衣裳』三島由紀夫(新潮文庫)

1983年
333頁




目次(収録作品)

裸体と衣裳-日記
ドルヂェル伯の舞踏会
戯曲を書きたがる小説書きのノート
空白の役割
芸術にエロスは必要か
現代小説は古典たり得るか
谷崎潤一郎論
変質した優雅
文化防衛論

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする