本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『対局する言葉』羽生善治・柳瀬尚紀(河出書房新社)

『対局する言葉』羽生善治・柳瀬尚紀(河出書房新社)

未読

2018年
272頁




目次(収録作品)

第1章 時間・瞬間・エピファニー
第2章 作品に流れる時間
第3章 平面の魅惑
第4章 日本語という天才
第5章 フィットする瞬間
第6章 先端の定跡
第7章 “私”が消えるとき/封じ手開封 美しい形

柳瀬尚紀(1943-2016)(翻訳家・随筆家)

[関連]
『対局する言葉―羽生+ジョイス』羽生善治・柳瀬尚紀(1996・河出文庫)
amazon

『対局する言葉―羽生v.s.ジョイス』羽生善治・柳瀬尚紀(1995・毎日コミュニケーションズ)単行本
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする