本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『簡単に、単純に考える』羽生善治(PHP文庫)

『簡単に、単純に考える』羽生善治(PHP文庫)

未読

2004年
250頁




目次(収録作品)

第1章 経験、先入観のないことが武器になる(羽生善治×二宮清純)
(天才は、二進法で考える/日本人に足りないのは、決断のスピードと精度 ほか)
第2章 論理思考、感性を昇華したものが創造力である(羽生善治×平尾誠二)
(勝負の山を意識してつくる/朝、向き合ったときに相手の状況を読む ほか)
第3章 簡単に、単純に考えるだけで、鮮やかに解ける(羽生善治×金出武雄)
(詰めの段階に入ったら、コンピュータはプロ級/勝負にこだわるだけならジャンケンでいい。いい棋譜を残すことにこそ、意義がある ほか)
対談を終えてー勝負をあきらめない勇気が、直感を導く(羽生善治)
(今はすでに過去である/思考の過程を省略していく方法 ほか)

二宮清純(スポーツジャーナリスト)
平尾誠二(元ラグビー日本代表、元ラグビー日本代表監督)
金出武雄(京都大学工学博士。専門:コンピュータビジョン、ロボット工学)

[関連]
『簡単に、単純に考える』羽生善治(2001・PHP研究所)単行本
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする