本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』51雪(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 51 雪』加藤楸邨編

1987年1月
256頁

市島謙吉  雪の思ひ出
伊藤整   雪の記憶
井本農一  雪女の白い膝
太田愛人  「雪」
大佛次郎  積雪
加藤楸邨  雪柱
河井酔茗  雪に埋れて
斎藤真一  越後の音
佐多稲子  粉雪の舞う宿
杉みき子  雪おろし
鈴木牧之  雪中の幽霊(いうれい)
高橋喜平  雪崩夜話
田久保英夫 雪山が息吹くとき
團伊玖磨  雪
辻まこと  雪の根名草越え
津島佑子  雪への想い
津村信夫  雪
徳冨蘆花  雪
永井荷風  雪の日
永井龍男  雪のあとさき
中野孝次  雪中の狩人
中村真一郎 氷花の詩
中谷宇吉郎 粉雪
野澤節子  春の雪山
古井由吉  早春の旅
堀辰雄   雪の上の足跡
堀口大學  雪国雑記
増田れい子 雪想い
松下竜一  雪乞いの里
三木卓   雪
水上勉   雪の中の瞽女(ごぜ)たち
三好達治  雪 [巻頭詩] 
村井米子  雪の尾瀬の静けさ
矢川澄子  雪・こぶし・兎
山口瞳   梅に降る雪
山中智恵子 野宮の雪の山
吉江喬松  谿谷の真冬
吉田一穂  海に降る雪
渡辺淳一  雪割りの季節

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする