本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『植物は〈未来〉を知っている』ステファノ・マンクーゾ(NHK出版)

『植物は〈未来〉を知っている―9つの能力から芽生えるテクノロジー革命』ステファノ・マンクーゾ(NHK出版)

未読

2018年
304頁




目次(収録作品)

第1章 記憶力ー脳がなくても記憶できる/第2章 繁殖力ー植物からプラントイドへ/第3章 擬態力ーすばらしい芸術/第4章 運動能力ー筋肉がなくても動く/第5章 動物を操る能力ートウガラシと植物の奴隷/第6章 分散化能力ー自然界のインターネット/第7章 美しき構造力ー建築への応用/第8章 環境適応能力ー宇宙の植物/第9章 資源の循環能力ー海を耕す

動かずに生きる道を選んだ植物は、かわりにさまざまな能力を磨くことで未来を切り拓いてきた。記憶力や特殊な運動能力、さらには人間もまねできない擬態力やインターネットのような分散化能力まで─。今や地球上のあらゆる場所で繁栄する彼らは、いわば生物界の超エリートだ。過酷な環境にも適応し、共存していくその能力に、今こそ人間も学べることがあるのでは? 宇宙開発や環境問題の解決のために活用できたら、私たちの未来は、どのように変わるだろうか?

最新の科学で、〈植物と人間の驚異の未来〉を刺激的に描きだした野心作!

出典:NHK出版 公式サイト


[参考]
『植物は〈知性〉をもっている―20の感覚で思考する生命システム』ステファノ・マンクーゾ、アレッサンドラ・ヴィオラ、 マイケル・ポーラン、久保耕司訳(2015・NHK出版)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする