本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『脳は、なぜあなたをだますのか―知覚心理学入門』妹尾武治(ちくま新書)

『脳は、なぜあなたをだますのか―知覚心理学入門』妹尾武治(ちくま新書)

未読

2016年
213頁




目次(収録作品)

第1章 脳の中の工場見学(知覚の奥深き世界/ベクション現象とは何か?/クオリアとはなんだ?-心理学からみたクオリア論)
第2章 本当に自分の意思で行動しているのか(「動かそう」と思った時には、指はすでに動いている/結局は「顔」の心理学)
第3章 人間は合理的にふるまう動物なのか(たった一つの、ノーベル賞を取った心理学研究/人間は、鳩より合理的にふるまえない?/お金持ちと貧乏人、どちらがモラルが高いのか)
第4章 だまされないために、心のからくりを知る(何かに集中していると他に注意を払えなくなるー注意資源と二重課題/心理学的にマインドコントロールとは?/日常にある洗脳ーアンカリング効果のすごさ、怖さ)

どんなに報道されても「オレオレ詐欺」は後をたたず、マインドコントロールが犯罪につながる事件が起こり、手品にも繰り返しだまされる。これらはすべて、あなたの脳があなた自身を裏切るからである。「ベクション」という視覚による錯覚現象を入口に、心理学者である著者が、この仕組みを楽しく解説する。知覚心理学、行動経済学、脳科学の最新研究もわかる。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする