本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『銃・病原菌・鉄』ジャレド・ダイアモンド(草思社文庫)

『銃・病原菌・鉄―1万3000年にわたる人類史の謎』(上下)ジャレド・ダイアモンド、倉骨彰訳(草思社文庫)






上巻

2012年
416頁

目次(収録作品)

ニューギニア人ヤリの問いかけるもの
第1部 勝者と敗者をめぐる謎(一万三〇〇〇年前のスタートライン/平和の民と戦う民の分かれ道/スペイン人とインカ帝国の激突)
第2部 食料生産にまつわる謎(食料生産と征服戦争/持てるものと持たざるものの歴史/農耕を始めた人と始めなかった人/毒のないアーモンドのつくり方/リンゴのせいか、インディアンのせいか/なぜシマウマは家畜にならなかったのか/大地の広がる方向と住民の運命)
第3部 銃・病原菌・鉄の謎(家畜がくれた死の贈り物)


下巻

2012年
432頁

目次(収録作品)

第3部 銃・病原菌・鉄の謎(承前)(文字をつくった人と借りた人/発明は必要の母である/平等な社会から集権的な社会へ)
第4部 世界に横たわる謎(オーストラリアとニューギニアのミステリー/中国はいかにして中国になったのか/太平洋に広がっていった人びと/旧世界と新世界の遭遇/アフリカはいかにして黒人の世界になったか)/科学としての人類史

なぜ人類は五つの大陸で異なる発展をとげたのか。分子生物学から言語学に至るまでの最新の知見を編み上げて人類史の壮大な謎に挑む。ピュリッツァー賞受賞作。

出典:草思社 公式サイト


[関連]
『銃・病原菌・鉄―1万3000年にわたる人類史の謎(上)』ジャレド・ダイアモンド、倉骨彰訳(草思社)単行本
amazon  楽天

『銃・病原菌・鉄―1万3000年にわたる人類史の謎(下)』ジャレド・ダイアモンド、倉骨彰訳(草思社)単行本
amazon  楽天

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする