本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『レンズが撮らえた150年前の日本』小沢健志監(山川出版社)

『レンズが撮らえた150年前の日本』小沢健志監(山川出版社)

2013年
205頁



日本の初期写真が写した150年前の人びとの暮らしと生活、そして日本各地の風景。飴細工、スイカ売り、指物師、食事の支度をする人たち、松島、鎌倉、中禅寺湖、有馬温泉、伊勢神宮ほか、幕末~明治中期に撮影された写真を掲載。

amazon商品説明より

『レンズが撮らえた~』シリーズで何冊もあり筆者は11冊を通覧したが、本書が当時の生活や風俗が伺える写真を幅広く収め一番よい。次に、『レンズが撮らえたF・ベアトの幕末』(2012)がよい。(その次によいのは『レンズが撮らえたオックスフォード大学所蔵幕末明治の日本』(2017)と『レンズが撮らえた 日本人カメラマンの見た幕末明治』(2015))

通覧したのは以下。

『レンズが撮らえた幕末の日本』岩下哲典・塚越俊志 (2011・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた幕末明治日本紀行』岩下哲典編、小沢健志監(2011・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた幕末明治の女たち』小沢健志監(2012・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた幕末維新の志士たち』小沢健志監(2012・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた幕末の写真師 上野彦馬の世界』上野一郎・小沢健志監(2012・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた外国人カメラマンの見た幕末日本1』小沢健志監・三井圭司編(2014・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた外国人カメラマンの見た幕末日本2』小沢健志監・三井圭司編(2014・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえた 日本人カメラマンの見た幕末明治』小沢健志監・高橋則英編(2015・山川出版社)
amazon  楽天

『レンズが撮らえたオックスフォード大学所蔵幕末明治の日本』フィリップ・グローヴァー、三井圭司監(2017・山川出版社)
amazon  楽天

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする