本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本その日その日』E・S・モース(東洋文庫)

『日本その日その日』E・S・モース、石川欣一訳(東洋文庫)全3巻






第1巻

1970年
258頁


第2巻

1970年
310頁


第3巻

1971年
236頁

『Japan Day by Day』の翻訳。

大森貝塚の発見者,日本動物学の開祖として名高いモースが,西洋文明の波に洗われる以前の日本と日本人の素朴な姿を,限りない愛着と科学者の眼で捉えた名著の全訳。自筆スケッチ800点を掲載。

第1巻は,来日当初の印象を語る第1章から,東京での生活を語る第8章まで。
第2巻は第9章から第16章まで。大森貝塚,また北海道や九州への旅と観察を語る。
第3巻は,第17章から第26章まで。九州から瀬戸内,京都への旅などを語る。

出典:平凡社 公式サイト


[関連]
『日本その日その日』エドワード・S・モース、石川欣一訳(2013・講談社学術文庫)344頁(こちらは簡易版。スケッチも大幅に省略されている)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする