本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本列島100万年史』山崎晴雄・久保純子(ブルーバックス)

『日本列島100万年史―大地に刻まれた壮大な物語』山崎晴雄・久保純子(講談社ブルーバックス)

未読

2017年
272頁




目次(収録作品)

第1章 日本列島はどのようにして形作られたか
第2章 北海道
第3章 東北
第4章 関東
第5章 中部
第6章 近畿
第7章 中国・四国
第8章 九州

伊豆半島衝突、富士山噴火、海に沈んだ東京・大阪・京都、消えた縄文文化、移動する琵琶湖、瀬戸内海をナウマンゾウが闊歩する──。1500万年前、ユーラシア大陸の東の端から分かれて生まれた日本列島。現在、私たちが目にする風景・地形も、時代をさかのぼると全く違った顔を表します。本書ではおもに100万年前以降を中心に、複雑な地形に富んだ列島の成り立ちを解き明かします。驚きに満ちた日本列島史!

出典:講談社BOOK俱楽部


[関連]
『図解 日本列島100万年史 1誕生のふしぎ』山崎晴雄・久保純子(2018・講談社)

『図解 日本列島100万年史 2大地のひみつ』山崎晴雄・久保純子(2018・講談社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする