本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間』(集英社インターナショナル)

『若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間』ジョシュ・ミッテルドルフ、ドリオン・セーガン、矢口誠訳(集英社インターナショナル)

未読

2018年
432頁




目次(収録作品)

序章 幼い頃からの不安と妄想が、いまのわたしをつくるまで
第1章 あなたは車ではないー体に“ガタ”はこない
第2章 肉体の遍歴ー老化のさまざま
第3章 拘束衣を着させられたダーウィンー現代の進化論を俯瞰する
第4章 老化の理論と理論の老化/第5章 老化が若かった頃ー複製老化
第6章 老化がさらに若かった頃ーアポトーシス
第7章 自然のバランスー人口のホメオスタシス
第8章 全員が一気に死ぬことがなくなるー黒の女王の策略
第9章 長生きをするには
第10章 老化の近未来
第11章 明日の地球のために

福岡伸一氏推薦!
「ヒトにだけ長い老後が用意されている。なぜか?
老化の積極的な意味を初めて明らかにした画期的な論考」

本書帯より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする