本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『吃音の世界』菊池良和(光文社新書)

『吃音の世界』菊池良和(光文社新書)

未読

2019年
232頁




目次(収録作品)

第1章 私の吃音体験
第2章 吃音の発症の原因
第3章 吃音治療の歴史と現在
第4章 吃音外来
第5章 吃音と社会のこれから

幼少期から吃音で悩み苦しんできた医師が、吃音の当事者のみならず、私たちがより多様な社会を生きるためのヒントを伝える。

出典:光文社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする