本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『父の謝罪碑を撤去します』大高未貴(産経新聞出版)

『父の謝罪碑を撤去します―慰安婦問題の原点「吉田清治」長男の独白』大高未貴(産経新聞出版)

未読

2017年
200頁




目次(収録作品)

プロローグ 「父の謝罪碑を撤去します」
第1章 終わらせる
第2章 父・吉田清治
第3章 「語り部」にされた男
第4章 社会党、挺対協、北朝鮮
第5章 誰が「吉田清治」をつくったか
エピローグ リアリズム

父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることも、
それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐えられません。
いったい私は吉田家最後の人間としてどうやって罪を償えばいいのでしょうか…。
せめてもの罪滅ぼしに決断したことがあります。

長男の決意から始まった「撤去」をルポ
日韓関係、「謝罪碑」、父が発信した虚偽、父・吉田清治とは何者か、日本と日本人への思い……
「吉田清治」長男がすべてを語る

「朝日新聞は父の証言に関する記事を虚偽と認定し、たくさん取り消しました。その中には八三年に父が韓国に建立した謝罪碑に関する記事も含まれています。つまり、父が建てた謝罪碑に刻まれている文言も虚偽だということです」

「これで慰安婦問題を終わらせたい! 」

出典:産経新聞出版 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする