本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新・ちくま文学の森16 心にのこった話』(全16巻)(筑摩書房)

『新・ちくま文学の森16 心にのこった話』鶴見俊輔・安野光雅・森毅編(筑摩書房)
四六判
未読

1996年1月12日
384頁

雲よ(谷川雁)
老人と鳩(小山清)
へんろう宿(井伏鱒二)
一条の光(耕治人)
善人はなかなかいない(フラナリー/オコナー)
片腕(テネシー・ウィリアムズ)
佐橋甚五郎(森鴎外)
痀女抄録(矢田津世子)
マラブートの唾(カネッティ)
客(カミュ)
大集会(ラングストン・ヒューズ)
晴れたり君よ(宇野浩二)
山桜(石川淳)
セエヌ河の名無し女(シュペルヴィエル)
すみれの君(ボルガー)
船乗りの少年の話(ブリクセン)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange