本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『紛争地の看護師』白川優子(小学館)

『紛争地の看護師』白川優子(小学館)

未読

2018年
271頁




目次(収録作品)

第1章 「イスラム国」の現場からーモスル&ラッカ編
第2章 看護師になるー日本&オーストラリア編
第3章 病院は戦場だったーシリア前編
第4章 医療では戦争を止められないーシリア後編
第5章 15万人が難民となった瞬間ー南スーダン編
第6章 現場復帰と失恋とーイエメン編
第7章 世界一巨大な監獄で考えたことーパレスチナ&イスラエル編
最終章 戦争に生きる子供たち

イラク、シリア、パレスチナに、8年間で17回派遣。
「国境なき医師団」看護師が初めて綴る、生と死のドキュメント。

出典:小学館 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする