本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『拒否できない日本』関岡英之(文春新書)

『拒否できない日本―アメリカの日本改造が進んでいる』関岡英之(文春新書)

未読

2004年
229頁




目次(収録作品)

1 北京・シカゴ枢軸の怪(ささいな発端/中身はアメリカの制度の焼き直し ほか)
2 対日圧力の不可解なメカニズム(阪神・淡路大震災/半世紀ぶりの建築基準法大改正 ほか)
3 この世はアングロ・サクソンの楽園(バブル経済の破裂/株価に翻弄された人生 ほか)
4 万人が訴訟する社会へ(「わたし、訴えてやる!」/訴訟社会への急激な変化 ほか)
5 キョーソーという名の民族宗教(フリードマン教授の誕生日/大恐慌とケインズ革命 ほか)

日本が様々な分野でアメリカに好都合な社会に変えられてきた、近年の不可解な日米関係のメカニズムを、米国の公文書に即して描く

出典:文藝春秋BOOKS

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする