本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『一九四五 占守島の真実』相原秀起(PHP新書)

『一九四五 占守島の真実―少年戦車兵が見た最後の戦場 』相原秀起(PHP新書)

未読

2017年
273頁




目次(収録作品)

第1章 最前線
第2章 終戦三日後の激戦
第3章 停戦
第4章 抑留
第5章 戦後
第6章 時が止まった島

終戦後、千島列島に侵攻したソ連軍を撃破! 日本を救った男たちの激闘。

終戦後の昭和20年8月17日深夜。ソ連は千島、北海道の占領をめざし、千島列島北東端の占守島への侵攻を開始する。この暴挙に対し、日本軍は敢然と反撃。結果、戦車部隊を率いた池田末男連隊長はじめ約300名の戦死者を出すものの、ソ連軍には約3000名の損害を与え、侵攻を足止めした。

もし、この戦いがなければ、北海道はソ連に占領され、日本の戦後は大きく変わっていたかもしれない。だが奮闘した男たちは、シベリアに送られ、さらに苦闘を重ねることになる……。

本書では、占守島で戦い、生き残った人びとの詳細な記憶の積み重ねによって、息づまる戦場の実相、日本軍最後の勝利の詳細、そして深くて重いシベリア抑留の日々が克明に描き出される――。

出典:PHP INTERFACE(PHP研究所公式サイト)


[参考]
『北海道を守った占守島の戦い』上原卓(2013・祥伝社新書)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする