本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新・ちくま文学の森13 世界は笑う』(全16巻)(筑摩書房)

鶴見俊輔・安野光雅・森毅編(筑摩書房)
四六判
未読

1995年9月25日
400頁

十二夜より(シェークスピア)
お笑い競キリン(秋田実)
対話(山本周五郎)
耳かき抄(木山捷平)
トワーヌ(モーパッサン)
成績簿なんてこわくない(ゴシニ)
親愛なるグレタ・ガルボ様(サローヤン)
血圧(デイモン・ラニアン)
妻喰い男(マナット・チョンヤン)マナット・チャンヨン
強制結婚(モリエール)
影と閃光
飛行ボートの怪(カミ)

バケツ乗り(カフカ)
名前ねぶり
鼻かぎ嬢
引きのばし男(カネッティ)
選挙戦(フィッシェ兄弟)
白象伝説(ヴィリエ・ド・リラダン)
メカニズムの勝利(シュトローブル)
アーナンディー(グラーム・アッバース)
滑稽列伝(司馬遷)
学ぶは遊ぶなり(森敦)
笑いの練習(柳田国男)
日本人の微笑(小泉八雲)
死者を嗤う(菊地寛)
寒山拾得(井伏鱒二)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange