本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」』モルデカイ・モーゼ(沢口企画)

『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」』モルデカイ・モーゼ、久保田政男訳(沢口企画)復刻版・新書

未読

2019年



馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)推薦

本書が東西冷戦最中の1979年に発刊されたのは奇跡と言えます。
当時ソ連を信奉してやまない日本の左翼とは、ユダヤ思想のエピゴーネンであることがばれてしまったからです。
本書を読めば、わが国の國体の真髄である「君民一体」こそ、最先端の民主主義体制であることに誇りを持てるはずです。

本書帯より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする