本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『知ってはいけない現代史の正体』馬渕睦夫(ソフトバンク新書)

『知ってはいけない現代史の正体』馬渕睦夫(SB新書)

未読

2019年
224頁




目次(収録作品)

序章 「偽りの歴史観」とは/第1章 社会主義者に仕組まれた日米戦争(1917年~1941年)
第2章 国際金融勢力のための冷戦(1941年~1989年)
第3章 ネオコンという金融マフィアの暗躍(1990年~2015年)
第4章 自国ファーストの逆襲(2016年~2019年)
第5章 グローバリズムとナショナリズムは共存できるか(2020年~)

世界を操る「ディープステート」はいかにして生まれたのか。

「誰が戦争を望み、利を得てきたか」そこから、本当の歴史がみえてくる。国際金融資本によって歴史はいかに都合よく捻じ曲げられてきたか、対米戦争からさかのぼり、混迷する現在まで。教科書には書かれない真実の近現代史。
グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く!

出典:SBクリエイティブ

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする