本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『閉された言語空間』江藤淳(文春文庫)

『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』江藤淳(文春文庫)

未読

1994年
371頁




目次(収録作品)

第一部アメリカは日本での検閲をいかに準備していたか
第二部アメリカは日本での検閲をいかに実行したか
あとがき
文庫版あとがき

アメリカは日本の検閲をいかに準備し実行したか。眼に見える戦争は終ったが、アメリカの眼に見えない戦争、日本の思想と文化の殲滅戦が始った。一次史料による秘匿された検閲の全貎。

出典:文藝春秋BOOKS

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする