本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新・ちくま文学の森9 たたかいの記憶』(全16巻)(筑摩書房)

『新・ちくま文学の森9 たたかいの記憶』(全16巻)鶴見俊輔・安野光雅・森毅編(筑摩書房)
四六判
未読

1995年5月17日
416頁

骨のうたう(竹内浩三)
鉛の旅(吉野せい)
張徳義(長谷川四郎)
二人の友(モーパッサン)
まっぷたつの子爵より(カルヴィーノ)
十二月のセワストーポリ(トルストイ)
烏の北斗七星(宮沢賢治)
雀(太宰治)
ランドルフ・ボーン(ドス・パソス)
戦争をやめさせる話(魯迅)
軍楽(中野重治)
象を撃つ(オーウェル)
渡辺直己歌集(抄)(渡辺直己)
悋気の火の玉(桂文楽)
男色武士道(池波正太郎)
南から来た男(ロアルド・ダール)
チャンピオン(ラードナー)
コロンブレ(ブッツァーティ)
コシヤマイン記(鶴田知也)
不思議な出会い(W・オウエン)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする