本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『社会生物学の勝利』ジョン・オルコック(新曜社)

『社会生物学の勝利―批判者たちはどこで誤ったか』ジョン・オルコック、長谷川眞理子(長谷川真理子)(新曜社)

未読

2004年
398頁




目次(収録作品)

第1章 社会生物学とは何だ?
第2章 社会生物学者が研究すること
第3章 社会生物学と遺伝子
第4章 社会生物学と科学
第5章 科学と現実
第6章 社会生物学者は何を発見したか
第7章 文化決定論の困ったところ
第8章 社会生物学と人間の文化
第9章 社会生物学の実際的応用
第10章 社会生物学の勝利

『THE TRIUMPH OF SOCIOBIOLOGY』John Alcock(2001)の翻訳。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする