本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『幻の公衆』ウォルター・リップマン(柏書房)

『幻の公衆』ウォルター・リップマン、 河崎吉紀訳(柏書房)

未読

2007年
163頁




目次(収録作品)

しらけた人
達成できない理想
代理人と傍観者
公衆がすること
恣意的な力の中和
アリストテレスの尋ねた疑問
問題の性質
社会契約
公衆に用意された二つの問い
公的な討論の主な価値
欠陥のあるルール
改革の基準
輿論の原則
あるべき場所にある社会
統治者不在
無秩序の領域

幻の公衆

amazon  楽天ブックス


スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする