本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『考えることの科学』市川伸一(中公新書)

『考えることの科学―推論の認知心理学への招』市川伸一(中公新書)

1997年
186頁



目次(収録作品)

1 人間は論理的に推論するか(形式論理と日常的推論/論理的推論の認知モデル/帰納的推論ー一を聞いて、十を知って、三誤る)
2 確率的な世界の推論(確率・統計的な現象に対する理解と誤解/ベイズの定理をめぐる難問・奇問/確率・統計問題での推論のしくみと学習)
3 推論を方向づける知識、感情、他者(推論は知識に誘導される/因果関係を推論する/自己の感情と他者の圧力)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする