本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『かけひきの科学』唐津一(PHP新書)

『かけひきの科学―情報をいかに使うか』唐津一(からつ・はじめ)(PHP新書)

1997年4月2日初版発行
199頁




著者は、元・松下通信工業常務取締役、元・松下電器産業技術顧問。(1919―2016)

書名に「科学」とあるが、科学の内容ではない。
いわゆるビジネス書に分類するのが適当な本。

情報、ビジネスの戦略・戦術について書かれた書。経験、実例、具体例が豊富で著者の講演を聞いているような、わかりやすい平易な内容。

「かけひき」の部分をもっと濃く、深く書いてほしかった。

1997年刊なので古い話題もあるが、上記の内容の読み物として、なかなかよい本。高校生くらいの人にもよい。

以下、筆者注。

(p.109)

アメリカの先発明主義はあまりにも勝手で、世界のルール違反である、先願主義に切り換えるべきだという批判を受けて、ワシントン政府はその実施を世界に約束した。ところが、議会の反対で二年たったいまも実行に移していない。

アメリカの特許制度は、2013年に「リーヒ・スミス米国発明法案」が施行され先願主義に移行した。ただし、純粋な先願主義ではなく、先発表主義を残す改正が加えられている。(参考:Wikipedia日米特許最前線

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする