本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新・ちくま文学の森5 こどもの風景』(全16巻)(筑摩書房)

『新・ちくま文学の森5 こどもの風景』(全16巻)鶴見俊輔・安野光雅・森毅編(筑摩書房)
四六判

1995年1月23日初版発行
407頁



小曲二章(佐藤春夫)
波より(ヴァージニア・ウルフ)
少年たち(チェーホフ)
ある小さな物語(モルナール)
少女(ウンセット)
行列(夏目漱石)
牛乳(武田百合子)
ずぼんぼ(幸田文)
お栄という幼児(森銑三)
英語教師の日記から(抄)(小泉八雲)
蔦の門(岡本かの子)
孫とおばば(中野重治)
胡桃割り(永井龍男)
小さな逃亡者(タゴール)
対応(ジョイス)
力づく(W・C・ウィリアムズ)
一日の期待(ヘミングウェイ)
思い出 より(太宰治)(※「思い出」全3章中、第1章のみ収録)
人の顔(夢野久作)
小羊(ソログープ)
赤い酋長の身代金(O・ヘンリー)
小さな王国(谷崎潤一郎)
ミリアム(カポーティ)

少年探偵団 解説にかえて(安野光雅)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange