本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『坊っちゃん』夏目漱石(新潮文庫)

『坊っちゃん』夏目漱石(新潮文庫)

改版2003年
240頁





中学生くらいから大人までの鑑賞に堪える漱石の名作。

巧みに計算された構造を持っている。ただ読めば「痛快青春小説」として楽しく読め、批判力のある者には「坊っちゃん的なもの」を風刺し、皮肉っているのを読み取れるよう作られている。批評の目をさりげなく仕組んでおいて、かつおもしろく読める作品に作り上げているのがすごい。
なので、若いときに読んだ人は、十年後、二十年後に読み返すと印象がとても変わる作品だと思う。

坊っちゃんは、言ってみれば敗れたのである(もっと言えば、土俵にも立てなかったと言ってよい)。本人は正義の徒とでも思っているのだろうが、結局は特に何も成していない。彼にその自覚、反省はない。そしてその自覚、反省のなさを、「坊っちゃん的なもの」を漱石は、読者につまり日本人に提示している。それは一言で言えば「幼さ」であろう。

本作品のタイトルは『坊っちゃん』である。

[関連]
『坊っちゃん』夏目漱石(改版1989・岩波文庫)

『こころ 坊っちゃん』夏目漱石(1996・文春文庫)

『坊っちゃん』夏目漱石(改版2004・角川文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする