本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『漫画 坊っちゃん』近藤浩一路(岩波文庫)

『漫画 坊っちゃん』近藤浩一路(こんどう・こういちろ)、原作:夏目漱石(岩波文庫)

2017年1月17日初版発行
235頁




夏目漱石の『坊っちゃん』を漫画漫文にした本。見開き右に場面のあらすじ、左に漫画(ポンチ絵的漫画)が配されている。

作者は明治生まれの人で、本書の元本は大正7年(1918)に新潮社から刊行されている。
本書の、底本はそれの改版(『漫画 坊っちゃん』(新潮社、改版第3版・1925))。
文章は、新漢字・新かなに改められている。

すいすい読めてよいのだが、あらすじだけなので文学的なおもしろさや味わいに乏しい。まず、原作を先に読むのがよい。

[関連]
『坊っちゃん』夏目漱石

[参考]
『漫画 吾輩は猫である』近藤浩一路(2017・岩波文庫)
amazon  楽天

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする