本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新・ちくま文学の森4 悪の物語』(全16巻)(筑摩書房)

『新・ちくま文学の森4 悪の物語』(全16巻)鶴見俊輔・安野光雅・森毅編(筑摩書房)
四六判
未読

1994年12月15日
416頁

「我とわが身を罰する者」シャルル・ボードレール
「クリックとクロック」イタロ・カルヴィーノ
「ブッチの子守唄」デイモン・ラニアン
「マーカイム」ロバート・ルイス・スティーヴンスン
「石川五右衛門の生立」上司小剣
「破壊者」グレアム・グリーン
「絢爛の椅子」深沢七郎
「ジョコンダの徴笑」オルダス・ハクスレー
「ダーダーと呼ばれた女」ハディージャ・マストゥール
「セルヴィン事件」カレル・チャペック
「殉教者製造人」サアーダット・ハサン・マントー
「駈込み訴え」太宰治
「麟麟」谷崎潤一郎
「死の家」フョードル・ドストエフスキー

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする