本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『動物農場[新訳版]』ジョージ・オーウェル(ハヤカワepi文庫)

『動物農場[新訳版]』ジョージ・オーウェル、山形浩生訳(ハヤカワepi文庫)

未読

新訳版2017年
208頁



飲んだくれの農場主ジョーンズを追い出した動物たちは、すべての動物は平等という理想を実現した「動物農場」を設立したが、指導者であるブタは手に入れた特権を徐々に拡大していき……。権力構造に対する痛烈な批判を寓話形式で描いた風刺文学の名作。『一九八四年』と並ぶオーウェルもう一つの代表作。新訳版。

出典:ハヤカワ・オンライン


[関連]
『動物農場―おとぎばなし』ジョージ・オーウェル、川端康雄訳(2009・岩波文庫)

『動物農場 付「G・オーウェルをめぐって」』ジョージ・オーウェル、開高健訳(2013・ちくま文庫)

『動物農場』ジョージ・オーウェル、高畠文夫訳(1995・角川文庫)

[参考]
『アニマル・ファーム』原作:ジョージ・オーウェル、石ノ森 章太郎(2018・ちくま文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする