本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『一九八四年[新訳版]』ジョージ・オーウェル(ハヤカワepi文庫)

『一九八四年[新訳版]』(1984年)ジョージ・オーウェル、高橋和久訳(ハヤカワepi文庫)

未読

新訳版2009年
512頁



〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する超全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。
解説/トマス・ピンチョン。

出典:ハヤカワ・オンライン

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする