本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『昔話と日本人の心』河合隼雄(岩波書店)

『昔話と日本人の心』河合隼雄(岩波書店)

単行本ソフトカバー(函入り)

1982年2月22日初版発行
371頁




目次(収録作品)

第1章 見るなの座敷
第2章 飯くわぬ女
第3章 鬼が笑う
第4章 姉の死
第5章 二つの女性像
第6章 異類の女性
第7章 耐える女性
第8章 老翁と美女
第9章 意志する女性

付録
索引

著者は、心理学者。

我が国の昔話を分析心理学(ユング心理学)的に分析することにより、日本人の世界観を浮き彫りにしようと試みた書名どおりの本。
学問的なものではなく、カテゴリーとすれば評論。簡明な文章で分かりやすい。
「付録」として巻末に分析している昔話が収録されているので、前提の知識なく読める。

浦島を「永遠の少年」(プエル・エテルヌス)と分析。(p.165)

昔話に見られる「祖父―母―息子」のトライアッドの分析。(p.258)

日本神話における蛭子をアマテラス・ツクヨミ・スサノオのトライアッドに対する第四者と見て、日本の昔話にその第四者を受け入れようとする世界観・価値観が見られるという考察。(p.262)

等々、興味深い。
(「西洋」としか比較していないのが、本書の足りない所ではある)

昔話、日本人の心について興味のある人には、おすすめの良書。

なお、本書は、岩波現代文庫版で新しく刊行されいる。

[関連]
『定本 昔話と日本人の心』河合隼雄(2017・岩波現代文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする