本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『マーガレット・ミードとサモア』デレク・フリーマン(みすず書房)

『マーガレット・ミードとサモア』デレク・フリーマン、木村洋二訳(みすず書房)

未読

1995年
464頁




目次(収録作品)

1 文化決定論の擡頭
2 ミードのサモア調査
3 ミードの結論への反駁
4 ミードとボアズ派のパラダイム

マーガレット・ミード『サモアの思春期』(原題『Coming of Age in Samoa』)を批判した本。

『サモアの思春期』は南海の楽国物語にすぎない。しかし、なぜ名著なのか。徹底した論証でその虚構性を指摘するとともに、同書を迎えた思想的背景を問う。

amazon商品説明より


[参考]
『サモアの思春期』マーガレット・ミード、 畑中幸子・山本真鳥訳(1976・蒼樹書房)
amazon 1  amazon 2

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする