本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『次郎物語』下村湖人(新潮文庫)








『次郎物語』(上中下)下村湖人(新潮文庫)


上巻

1987年
592頁

中巻

1987年
544頁

下巻

1987年
368頁

生後すぐ里子に出されたことが次郎を変えた。孤独に苦しみ、愛に飢えた青年が自力で切り拓いていく人生を、自伝風に描く大河小説。

出典:新潮社 公式サイト


[関連]
『次郎物語』(上下)下村湖人(講談社青い鳥文庫)
(この講談社青い鳥文庫版は、著者が少年少女のために表現を分かりやすくするなどし、書き直したもの。全5部のうち、第1部のみらしい)
上巻
amazon  楽天
下巻
amazon  楽天

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする