本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『トーニオ・クレーガー 他一篇』トーマス・マン(河出文庫)

『トーニオ・クレーガー 他一篇』トーマス・マン、平野卿子訳(河出文庫)

2011年
256頁




ぼくは人生を愛している。これはいわば告白だ――孤独で瞑想的な少年トーニオは成長し芸術家として名を成す……巨匠マンの自画像にして不滅の青春小説、清新な新訳版。併録「マーリオと魔術師」。

出典:河出書房新社 公式サイト


[関連]
『トニオ・クレエゲル』トオマス・マン、実吉捷郎訳(改版2003・岩波文庫)
amazon  楽天

『トニオ・クレーゲル/ヴェニスに死す』トーマス・マン、高橋義孝訳(改版1967・新潮文庫)
amazon  Kindle  楽天  楽天kobo

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする