本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」書き起こし

「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」(ビデオ)(平成28年(2016)8月8日)

(※句読点や漢字の表記の選択は筆者による)

戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には平成三十年を迎えます。
わたくしも八十を越え、体力の面などからさまざまな制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇(てんのう)としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき思いを致すようになりました。

本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、わたくしが個人として、これまでに考えてきたことを話したいと思います。

即位以来、わたくしは国事行為を行うとともに、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごしてきました。伝統の継承者としてこれを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室がいかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ今日(こんにち)に至っています。

そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが国にとり、国民にとり、またわたくしのあとを歩む皇族にとりよいことであるかにつき考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体(しんたい)の衰えを考慮する時、これまでのように全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

わたくしが天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)わたくしは、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を人々と共に過ごしてきました。わたくしはこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えてきましたが、同時に事にあたっては、時として人々のかたわらに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えてきました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め常に国民と共にある自覚を自らのうちに育てる必要を感じてきました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅もわたくしは天皇の象徴的行為として大切なものと感じてきました。皇太子の時代も含め、これまでわたくしが皇后とともに行(おこな)ってきたほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいてもその地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることをわたくしに認識させ、わたくしがこの認識をもって、天皇として大切な国民を思い、国民のために祈るという務めを人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処のしかたが、国事行為やその象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。さらにこれまでの皇室のしきたりとして天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後(ご)、喪儀に関連する行事が一年間続きます。その様々な行事と新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

はじめにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相携えてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここにわたくしの気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを、切に願っています。

(以上)

出典:宮内庁

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする