本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「蛍の光」

「螢の光」作詞:稲垣千頴


1 螢の光、窓の雪、書讀む月日、重ねつゝ、何時しか年も、すぎの戸を、開けてぞ今朝は、別れ行く。
(ほたるのひかり、まどのゆき、ふみよむつきひ、かさねつゝ、いつしかとしも、すぎのとを、あけてぞけさは、わかれゆく。)


2 止まるも行くも、限りとて、互に思ふ、千萬の、心の端を、一言に、幸くと許り、歌ふなり。
(とまるもゆくも、かぎりとて、かたみにおもふ、ちよろづの、こゝろのはしを、ひとことに、さきくとばかり、うたふなり。)


3 筑紫の極み、陸の奥、海山遠く、隔つとも、その眞心は、隔て無く、壹つに盡くせ、國の為。
(つくしのきはみ、みちのおく、うみやまとほく、へだつとも、そのまごころは、へだてなく、ひとつにつくせ、くにのため。)


4 千島の奧も、沖繩も、八洲の内の、護りなり、至らん國に、勳しく、努めよ我が兄、恙無く。
(ちしまのおくも、おきなはも、やしまのうちの、まもりなり。いたらんくにに、いさをしく、つとめよわがせ、つゝがなく。)

(参考:Wikipedia


[参考]
動画[YouTube]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする