本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ちくま文学の森6 恐ろしい話』(全10巻)(ちくま文庫)

『ちくま文学の森』全16巻(15巻・別巻1)(単行本・筑摩書房)安野光雅・井上ひさし・森毅編、を文庫化したもの。(10巻分が文庫化されている。詳しくは上記リンクを参考にして下さい。)

『ちくま文学の森6 恐ろしい話』(ちくま文庫)
安野光雅・池内紀・井上ひさし・森毅編

未読

2011年1月6日
536頁

「出エジプト記」より 文語訳旧約聖書
詩人のナプキン アポリネール(堀口大学訳)
バッソンピエール元帥の回想記から ホフマンスタール(大山定一訳)
蠅 ピランデルロ(山口清訳)
爪 アイリッシュ(阿部主計訳)
信号手 ディケンズ(小池滋訳)
「お前が犯人だ」 ポー(丸谷才一訳)
盗賊の花むこ グリム(池内紀訳)
ロカルノの女乞食 クライスト(種村季弘訳)
緑の物怪 ネルヴァル(渡辺一夫訳)
竈の中の顔 田中貢太郎
剣を鍛える話 魯迅(竹内好訳)
断頭台の秘密 ヴィリエ・ド・リラダン(渡辺一夫訳)
剃刀 志賀直哉
三浦右衛門の最後 菊池寛
利根の渡 岡本綺堂
死後の恋 夢野久作
網膜脈視症 木々高太郎
罪のあがない サキ(中西秀男訳)
ひも モーパッサン(杉捷夫訳)
マウントドレイゴ卿の死 モーム(田中西二郎訳)
ごくつぶし ミルボー(河野好蔵訳)
ひかりごけ 武田泰淳

*解説 なぜ怖がりたがるのか? 池内紀


『ちくま文学の森7 恐ろしい話』
単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange