本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ(東京創元社)








『薔薇の名前』(上下)ウンベルト・エーコ、河島英昭訳(東京創元社)

上巻

1990年
413頁

下巻

1990年
426頁

中世イタリアの修道院で起きた連続殺人事件。事件の秘密は知の宝庫ともいうべき迷宮の図書館にあるらしい。記号論学者エーコがその博学で肉づけした長編歴史ミステリ。全世界で異例の大ベストセラーとなった話題作。

出典:東京創元社 公式サイト


[参考]
『NHK「100分de名著」 ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』』和田忠彦(2018・NHK出版)
amazon  Kindle  楽天  楽天kobo

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする