本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ちくま文学の森5 思いがけない話』(全10巻)(ちくま文庫)

『ちくま文学の森』全16巻(15巻・別巻1)(単行本・筑摩書房)安野光雅・井上ひさし・森毅編、を文庫化したもの。(10巻分が文庫化されている。詳しくは上記リンクを参考にして下さい。)

『ちくま文学の森5 思いがけない話』(ちくま文庫)
安野光雅・池内紀・井上ひさし・森毅編

未読

2010年12月10日
528頁

夜までは 室生犀星
改心 O・ヘンリー(大津栄一郎訳)
くびかざり モーパッサン(杉捷夫訳)
嫉妬 F・ブウテ(堀口大学訳)
外套 ゴーゴリ(平井肇訳)
煙草の害について チェーホフ(米川正夫訳)
バケツと綱 T・F・ポイス(龍口直太郎訳)
エスコリエ夫人の異常な冒険 P・ルイス(小松清訳)
蛇含草 桂三木助演
あけたままの窓 サキ(中西秀男訳)
魔術 芥川龍之介
押絵と旅する男 江戸川乱歩
アムステルダムの水夫 アポリネール(堀口大学訳)
人間と蛇 ビアス(西川正身訳)
親切な恋人A・アレー(山田稔訳)
頭蓋骨に描かれた絵 ボンテンペルリ(下位英一訳)
仇討三態 菊池寛
湖畔 久生十蘭
砂男 ホフマン(種村季弘訳)
雪たたき 幸田露伴

*解説 物語について 森毅


『ちくま文学の森6 思いがけない話』
単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange