本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ちくま文学の森4 おかしい話』(全10巻)(ちくま文庫)

『ちくま文学の森』全16巻(15巻・別巻1)(単行本・筑摩書房)安野光雅・井上ひさし・森毅編、を文庫化したもの。(10巻分が文庫化されている。詳しくは上記リンクを参考にして下さい。)

『ちくま文学の森4 おかしい話』
安野光雅・池内紀・井上ひさし・森毅編

未読

2010年11月12日
520頁

おかし男の歌 長谷川四郎
太陽の中の女 ボンテンペルリ(岩崎純孝訳)
死んでいる時間 エーメ(江口清訳)
粉屋の話 チョーサー(西脇順三郎訳)
結婚申込み チェーホフ(米川正夫訳)
勉強記 坂口安吾
ニコ狆先生 織田作之助
いなか、の、じけん(抄) 夢野久作
あたま山 八代目林家正蔵演
大力物語 菊池寛
怪盗と名探偵(抄) カミ(吉村正一郎訳)
ゾッとしたくて旅に出た若者の話 グリム(池内紀訳)
運命 ヘルタイ(徳永康元訳)
海草と郭公時計 T・F・ポイス(龍口直太郎訳)
奇跡をおこせる男 H・G・ウェルズ(阿部知二訳)
幸福の塩化物 ピチグリッリ(五十嵐仁訳)
美食倶楽部 谷崎潤一郎
ラガド大学参観記 牧野信一
本当の話抄 ルキアノス(呉茂一訳)

*解説 形容詞「をかし」について──岡新助講師の最後の講義 井上ひさし


『ちくま文学の森5 おかしい話』
単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする