本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ボヴァリー夫人』フローベール(新潮文庫)

『ボヴァリー夫人』フローベール、生島遼一訳(新潮文庫)

改版1997年
500頁




本書の紙書籍は絶版のようで新品では買えないが、この生島訳が評価が高い。

田舎医者ボヴァリーの美しい妻エマが、凡庸な夫との単調な生活に死ぬほど退屈し、生れつきの恋を恋する空想癖から、情熱にかられて虚栄と不倫を重ね、ついに身を滅ぼすにいたる悲劇。厳正な客観描写をもって分析表現し、リアリズム文学の旗印となった名作である。本書が風俗壊乱のかどで起訴され、法廷に立った作者が「ボヴァリー夫人は私だ」と言ったのは、あまりにも有名である。

出典:新潮社 公式サイト


[関連]
『ボヴァリー夫人』ギュスターヴ・フローベール、芳川泰久訳(2015・新潮文庫)
amazon  Kindle  楽天  楽天kobo

『ボヴァリー夫人(上)』フローベール、伊吹武彦訳(改版1960・岩波文庫)
amazon  楽天

『ボヴァリー夫人(下)』フローベール、伊吹武彦訳(改版1960・岩波文庫)
amazon  楽天

『ボヴァリー夫人』ギュスターヴ・フローベール、山田訳(2009・河出文庫)
amazon  楽天

『ボヴァリー夫人』Kindle版 フローベール、白井浩司訳(グーテンベルク21)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする