本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『身ぶりと言葉』アンドレ・ルロワ=グーラン(ちくま学芸文庫)

『身ぶりと言葉』アンドレ・ルロワ=グーラン、荒木亨訳(ちくま学芸文庫)

未読

2012年
680頁




目次(収録作品)

第1部 技術と言語の世界ー手と顔が自由になるまで(人間像/脳髄と手/原人と旧人 ほか)
第2部 記憶と技術の世界ー記憶とリズムその1(記憶の解放/身ぶりとプログラム/ひろがる記憶)
第3部 民族の表象ー記憶とリズムその2(表象の古生物学への序説/価値とリズムの身体的な根拠/機能の美学(感性論) ほか)

人類の進化の本質とは、突き詰めてみれば何なのか。本書は人間を動物から区別する二つのもの「身ぶり」と「言葉」から、この大きな問いに迫ってゆく。ここで言う「身ぶり」とはたんなるしぐさに留まらない。技術を含む文化的行動様式いっさいを含んでいる。二足歩行によって頭蓋と手足を発達させた人類が、いかにして「知性」を育み、記憶を外部のアーカイブに託していったのか。その後の文明的価値観に大きな変更をもたらした新たな「欠乏と制御」とは。壮大なパースペクティヴのもと、人の進化に理論的かつ実証的に迫った、スリリングな大著。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする