本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『声の文化と文字の文化』ウォルター・オング(藤原書店)

『声の文化と文字の文化』W・J・オング、林正寛・糟谷啓介・桜井直文訳(藤原書店)

未読

1991年
405頁




目次(収録作品)

第1章 声としてのことば
第2章 近代における一次的な声の文化の発見
第3章 声の文化の心理的力学
第4章 書くことは意識の構造を変える
第5章 印刷、空間、閉じられたテクスト
第6章 声の文化に特有な記憶、話のすじ、登場人物の性格
第7章 いくつかの定理(応用)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする