本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『コンラッド短篇集』(岩波文庫)

『コンラッド短篇集』コンラッド、中島賢二訳(岩波文庫)

未読

2005年
398頁




目次(収録作品)

エイミー・フォスター
ガスパール・ルイス
無政府主義者
密告者
伯爵
武人の魂

ポーランドに生れ幼年期をロシアの流刑地で送り、長じてフランス船に乗り組んで世界を回り、作家となったコンラッド。英国僻村、ロンドン、パリ、ナポリ、南米の小島、革命戦争下チリを舞台に、無名の市民や貧農、スパイ、テロリスト、老貴族らが、苛酷な暴力、非情な政治、狂熱の愛に翻弄される姿を描く。異色傑作六篇。

本書表紙より


[関連]
『コンラッド短篇集』ジョウゼフ・コンラッド、井上義夫訳(2010・ちくま文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする