本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『詩学』アリストテレス(光文社古典新訳文庫)

『詩学』アリストテレス、三浦洋訳(光文社古典新訳文庫)

未読

2019年
413頁



「カタルシス」「模倣」の概念を用いて古代ギリシャ悲劇を定義し、ストーリー創作としての詩作の要になる「逆転」「再認」「受難」などについて分析した最古の芸術論。『詩学』の幻の喜劇論との関連が注目される『コワスラン論考』の全訳を、詳細な解説とともに付す。

出典:光文社 公式サイト

光文社古典新訳文庫版は、解説が200ページある。

[関連]
『アリストテレース 詩学/ホラーティウス 詩論』 松本仁助・岡道男訳(1997・岩波文庫)356頁

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする