本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『都市のイメージ 新装版』ケヴィン・リンチ(岩波書店)

『都市のイメージ 新装版』ケヴィン・リンチ、丹下健三・富田玲子訳(岩波書店)

未読

新装版2007年
286頁




目次(収録作品)

序 文
I 環境のイメージ
わかりやすさ/イメージづくり/ストラクチャーとアイデンティティ/イメージアビリティ
II 3つの都市
ボストン/ジャージー・シティ/ロサンゼルス/共通のテーマ
III 都市のイメージとそのエレメント
パス/エッジ/ディストリクト/ノード/ランドマーク/エレメントの相互関係/変化するイメージ/イメージの特質
IV 都市の形態
パスをデザインする/他のエレメントのデザイン/形態の特質/全体としての感じ/大都市の形態/デザインの過程
V 新しいスケール

付録A オリエンテーションに関して
付録B 調査と分析の方法
付録C 2つの分析例
書 目
解 説
訳者あとがき
いま『都市のイメージ』を読む(西村幸夫)

イメージアビリティ。この独自の概念を提唱する本書は、かつて都市デザインの世界に新風を吹き込んだ。以来およそ半世紀.著者ケヴィン・リンチの卓抜した眼差しは、いまなお清冽な光を放ち、示唆に富む。美しく、楽しい、喜びある都市の姿とは。待望の声久しい名著を、装い新たに再刊する。

出典:岩波書店 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする