本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『〈子供〉の誕生』フィリップ・アリエス(みすず書房)

『〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活』(子供の誕生)フィリップ・アリエス、杉山光信・杉山恵美子訳(みすず書房)

未読

1980年
440頁




研究するなら下記の批判の書も併せて読むとよい。

[参考]
『子どもはもういない』ニール・ポストマン、小柴一訳(改訂版2001・新樹社)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする